破産宣告後はどうなるの? ※徹底ガイド

破産宣告後はどうなるの? ※徹底ガイド

破産宣告後はどうなるの? ※徹底ガイド

破産宣告をしてしまうと、少なくても5~7年は信用情報機関の個人情報や、国が発行する官報などに事故情報として登録され、その間はどの金融機関や貸金業者でも新規借り入れはできません。
ただ掲載期間が過ぎて情報が削除された後は、改めて借り入れができるようになりますが、過去に債務を抱えていた先では再びの貸付を断られる事が殆どなので、他の金融機関で借り入れする事になります。
破産宣告して免責を受けた後は、どの職業に就いても働けますし、得た収入も自由な用途で使えます。
勿論、新たに住宅や自動車を購入する事もできますが、ローンでの分割払いは金融機関が審査のために信用情報機関に照会するため、十中八九できません。
ですから、携帯電話や大型家電などの買い物も含めて、現金での先払いの一択になる事を念頭に置いておかなければなりません。
そこでクレジットカード代わりとして、自分の銀行口座を利用したVISAのデビットカードを持っておくと便利で、自分の預金残高範囲内であれば即時決済でき、同時に利用金額が口座から引き落とされるというシステムです。
結局は現金での支払いと同様になるので、クレジット決済でしか購入できない物に利用すると、非常に役立ちます。
厳しい審査もなく、年会費や入会費も無料でカードを持てる所もあるので、破産者でも問題なく利用できます。
このように破産宣告後は、数年間は現金払いの不便な生活を強いられますが、自己を戒める修行の期間にもなります。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ