破産宣告の費用はどれくらい? ※自己破産徹底ガイド

破産宣告の費用はどれくらい? ※自己破産徹底ガイド

無職の状態になってしまうと、仕事をしていませんので定期的な収入を得ることが出来なくなってしまいます。
その状態で借金がありますと、仕事の収入がありませんので当然返済することが出来なくなってしまいます。
仕事の収入がない状態ですと、返済能力が皆無になってしまうので自己破産を検討する必要があります。
ここで疑問に思うことなのですが、自己破産は無職でも出来るかということです。
結論から言いますと、無職でも自己破産をすることが可能です。
むしろ収入が全く無い状況ですので、債務整理の他の方法の任意整理や民事再生が行ないにくくなります。
無職の方が自己破産をしようとする時は、工夫する必要があります。
無職ですので収入がありませんので、まずは無料で相談出来るところを探す必要があります。
有料だとそれだけ費用が掛かってしまいますので、弁護士事務所でも司法書士事務所でも良いので、まずは相談しましょう。
相談した後は、弁護士事務所や司法書士事務所に自己破産の依頼をするのですが、依頼料に関しても相談するようにしましょう。
通常では、依頼した時に着手金を支払う必要があるのですのが、無職の場合だとそのお金を用意することが出来ない場合があります。
用意出来ない場合は、弁護士事務所や司法書士事務所にお願いをして、依頼料を分割に出来るか聞いてみましょう。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ