破産宣告とは?破産宣告の最大のデメリットとは?

破産宣告とは?破産宣告の最大のデメリットとは?

破産宣告とは?破産宣告の最大のデメリットとは?

破産宣告をすると、借金の催促が止まるメリットがあります。
これまで催促に追われてきた人には、魅力的なメリットでしょう。
破産宣告をしてさらに手続きを進めると、次は自己破産となり借金が帳消しになります。
一生働いても返せないような金額でも帳消しになるので、非常に大きなメリットです。
しかし、破産宣告をして大きなメリットを手にできる代わりに、同じぐらい大きなデメリットも受けます。
破産宣告をして自己破産をすると、財産を失うデメリットがあります。
一戸建てやマンション、土地などの不動産は全て手放し、一定以上金額以上の現金や資産も手放さなければいけません。
また、自己破産をすると職業が制限されますから、仕事も失う可能性があります。
さらにデメリットとして大きいのは、連帯保証人に影響を与えることです。
借金をするときに連帯保証人がいた場合、破産宣告をすると、残った債務は全て連帯保証人に支払い義務が生じるのです。
破産宣告をしなければいけないほどの借金は、一般的には全て返済することができません。
債務の支払い義務を負わされた連帯保証人も、破産宣告をした人と同様に、路頭に迷うことになるでしょう。
借金の帳消しと言った大きなメリットを得ることはできますが、同時にこれまで築き上げてきた財産やキャリア、そして信用や人間関係を全て失うデメリットがあるのです。
これらのデメリットは、自己破産をして得られる大きなメリット以上に、大きなデメリットかもしれません。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ