自己破産する前に!車ローンについて※債務整理方法

自己破産する前に!車ローンについて※債務整理方法

自己破産する前に!車ローンについて※債務整理方法

自己破産をすることで発生する車ローンへの影響は、車ローンの残高が残っているか残ってないかで異なってきます。ローン残がある場合には、ローン会社との契約により完済までは所有権がローン会社となっている場合が多く、その場合は原則として、車は所有権のあるローン会社へ引き上げられてしますます。ローンが残ってない場合は、車の価値が20万円を超える場合にのみ売却されることになります。20万円以下とみなされればそれまで通り使用することができます。
車ローンが残っている場合、自己破産を申請すると一部の債務だけを支払っていくことはできなくなりますので、本人がこれまで通り車ローンを支払っていくことはできません。どうしても車を維持したい場合には次の3つの方法があります。まず、本人以外の第三者が本人に代わってローンを支払っていくことで車を維持する。次に、第三者に車を買い取ってもらい、その第三者から車を借りることで事実上維持する。そして3つ目は、生活上どうしても車が必要であることを裁判所に説明し認めてもらう方法です。ただし、この場合は、車ローンが残っていると認めてもらえません。
また、自己破産が認められ免責が決定した後には、当然、ローンを組むことは難しくなります。基本的には自己破産の場合は信用情報からその事実が削除される7~10年間はローンを受けることが厳しくなります。ただし、自動車販売会社などの独自のローンの場合は、頭金を多くすることで継続して返済していける安定した収入があれば、ローンを組める可能性もあり販売会社に相談してみることです。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ