自己破産後の生活※破産宣告の前に!無料相談で解決

自己破産後の生活※破産宣告の前に!無料相談で解決

自己破産後の生活※破産宣告の前に!無料相談で解決

自己破産後の生活では、破産したことでの影響は何かあるのでしょうか。実は、思ったほど影響はありません。自己破産をすると官報に氏名が記載されますが、これに目を通すのは、金融関係者などに限られます。また、賃貸住宅などにももちろん住めますし、自己破産したからといって解雇されることもありません。ただし、仕事によっては部署を替えられることもあります。
自己破産後、生活の中で一番影響があることといえば、ローンを組めなくなることでしょう。この場合のローンというのは、クレジットカードやキャッシングなども含まれます。自己破産によって、信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報がつくためです。ですから、自分名義でお金を借りたり、ローンを組んだりというのは、7年間ほどは難しくなります。一応の目安として、免責から7年を超えると、元の生活に戻り、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのが可能になります。
ただし、自己破産というのは、それまでの借金依存の体質を改める恰好のチャンスでもあるわけです。ですから自己破産後は、できるだけ現金、あるいは、残高の範囲内でしか使えないデビットカードを利用して買物を済ませるとか、倹約方法を工夫したりして、どうすれば借金やローンに頼らずに済むかを考えてみましょう。一度自己破産を行うと、二度行うことは難しくなりますし、また破産しても免責が下りず、返済を迫られる場合もあります。同じ轍を踏まないよう、自己破産を反面教師として、今後の経済生活を見直すきっかけとしてください。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ