自己破産の費用について※破産宣告のデメリットについて

自己破産の費用について※破産宣告のデメリットについて

自己破産の費用について※破産宣告のデメリットについて

自己破産をした場合に、その後の生活がどうなるかということを説明していきます。
まず、どこから借りていたかによります。
消費者金融の場合、保証人や担保設定をすることがないため、他人に迷惑をかけるということは無いでしょうが、ただ、担保設定がないから安心していられるということは考えない方が良いでしょう。
担保や保証人がなくても、返済が出来ない場合、自己破産となることがあります。
自己破産となると、現在返済中のローンはすべて、その時点で特定の相手に返済することが出来なくなり、ローン会社やクレジット会社は債権者となります。
これにより、借金返済に追われることはありませんが、貸し付けたお金に対しての弁済には担保が充てられることは無いにせよ、自己破産をすること自体に、差し押さえということがあり、差し押さえとなれば、所有資産が差し押さえられ、返済に充てられます。
自動車ローンが残っている場合は、ローン会社の所有物であることから引き上げとなり、また、ローンが残っていない場合は、資産と見なされ、時価により買取りに出され、買い取られた車と引き換えに受け取ったお金は、債権者に分配されます。
しかし、自己破産となると、弁護士が管財人となり、弁護士費用に充てられると、低い価値の見積もりであれば、十分な額として債権者の元にはいかないでしょう。
しかも、原則として20万円以上となっているため、その車の価値が20万円以下である場合は売却がされません。
20万円以下である場合、無価値と判断されるのです。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ