奨学金で自己破産?!~借金額を¥0にするために~

奨学金で自己破産?!~借金額を¥0にするために~

奨学金で自己破産?!~借金額を¥0にするために~

長く続く経済不況や就職難のために、高校や専門学校、大学を卒業した後も就職がうまくいかず生活苦で返済できないなどといった理由で、奨学金が返済できなくなり、厳しい取り立てに苦しむ若者が増えています。就職ができてもリストラされたり、非正規雇用が増えたために、返済が遅れる利用者が後をたたないのです。
奨学金は借金の一つですので、返済を3ヶ月以上延滞してしまうと「金融事故情報」が掲載され、クレジットカードが作れなくなってしまったり、銀行や消費者金融からお金を借りられなかったり、車や家を買うローンが組めなくなる可能性があります。しかも、事故情報は延滞が終わって奨学金を返しても5年間は記録に残ります。
日本学生支援機構の独立行政法人化により、以前より回収がかなり厳しくなっており、やむなく自己破産の道を選ぶ人も増え、社会問題にまでなっています。自己破産をする場合には、保護者や親族が連帯保証人になっているケースがほとんどですので、自己破産をする前に、あらかじめよく相談する必要があります。連帯保証人に返済能力がない場合には、ともに自己破産することも考えなくてはいけないのです。
借金の額によっては、自己破産よりも債務整理を選んだ方が良い場合もありますので、一人で思い悩むよりまずは弁護士など法律の専門家に相談することが大切です。
もうどうにも奨学金が返せない状態に陥ったら、早めに専門家に相談するのが一番の方法ですよ。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ