自己破産相談!※破産宣告する前に!デメリットを理解しよう

自己破産相談!※破産宣告する前に!デメリットを理解しよう

自己破産相談!※破産宣告する前に!デメリットを理解しよう

借金などの返済が不可能になった際に行うのが自己破産ですが、これは借金のないようなどによってはできない場合があります。
 まず、そもそも基本的に裁判所が自己破産を申し立てた人は「支払いができない」と認めれば破産手続きが進むという事になるのですがその際に,資産や給与が十分であったり借金の額が少ないと認められた場合は支払が出来ると判断され自己破産ができません。
 ただし、そもそも借金で首が回らなくなったから弁護士などに相談して自己破産をするので、このように判断される人間は
その段階で債務整理など他の方法に回されます。なので普通こういった理由で自己破産ができないという事はありません。
 なのでできない人の多くが「免責不許可事由」にあたると判断され為、自己破産ができないという事になります。
 免責不許可事由とは言ってしまえば「この理由で作った借金に免責は認められない」という物で、具体的には借金やギャンブルなどで作ったや株や先物取引で作った借金などがこれに当たります。
 他に当たる物として、初めから返す気がないのに借りた借金や返済の前に財産を隠しておくなどの詐欺や犯罪にあたる行為であったり借金の返済額を過剰に申告したり免責の審議の際に無断欠席を行う、弁護士に偽証を行うという裁判に協力てきではない行為がこれに当たります。
 ただしこれらの理由に当たっていても、最終的には裁判官の裁量に任せられるので真摯に反省していると裁判官が判断した場合免責が行われることも有ります。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ