破産宣告の条件とは? ※徹底ガイド

破産宣告の条件とは? ※徹底ガイド

破産宣告の条件とは? ※徹底ガイド

お金の問題、特に借金などでどうにもならなくなった場合には、自己破産と言う方法があります。しかし、
どんな状態でも破産宣告が認められるわけではありません。当然ですが色々なチェックが入ります。
とは言え、厳しいモノという程でもありませんね。

破産宣告する条件は、支払う能力が無い、支払不能状態にあることが絶対の条件になります。資産だったり、
預金だったりが十分にあるのに、借金だけをチャラにしようというのは、当たり前ですが認められません。
なので、破産宣告を認められるのと、支払い不能を認められるのは、同じことになります。

どういう状況だと、支払不能の状態なのでしょうか。一般的には、
支払いに充てる財産を持たない人。借金返済のお金を調達するのがかなり厳しい人。
すでに借金返済が滞っている人。客観的に見てどうにもならないと判断出来る人。
などが、支払不能に当たります。お金の部分だけでなく、過程や関係ない部分まで考慮して、
総合的に判断されます。悪質な場合などは、認められないことも多々ありますね。

全ての条件を満たさなくても認められることもあります。逆に、満たしていても認めてくれない
場合もありますね。お金関係のことですから、一概にこの条件という訳ではないですが、自分が
満たしているのかは、大まかでも判断出来ます。最終的に判断するのは裁判所ですから、
さじ加減一つでもあるんですよね。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ