個人再生とクレジットカード関連※メリットデメリット無料相談

個人再生とクレジットカード関連※メリットデメリット無料相談

個人再生とクレジットカード関連※メリットデメリット無料相談

個人再生をした場合、まずは返却のスケジュールを立てます。
個人再生をする前にあった債務を5分の1まで減額したうえで、3年ですべて完済するようなスケジュールを組みます。
なので、今までのように無理して生活をすることなく、普通に仕事をしながら返済をしていくことができるようになります。
また、個人再生では、特別な事情があるときのみ、その返済スケジュールを3年から5年へと2年間延長することができます。
個人再生では、一定の収入があることが前提となっていますが、けがや病気などで長期入院することになってしまい、その間収入がなくなってしまう場合など、どうやっても返済が難しいことを裁判所に申し出て、それが受理された場合返済スケジュールを変更してもらうことができます。
ですが、延長に関しては基本的に最初からお願いできるわけではなく、返済期間内にどうにもならない事情が出てきたときに優遇されるものとなるので、注意が必要です。
また、個人再生をした場合、その後の生活は特に変わりがないように見えますが、新規ローンやクレジットカードの申し込み審査に通りにくくなることになるので、注意が必要です。
再度利用できるようになるのは、個人再生での返済をスケジュール通りにに1ヶ月も遅れることなく終えたうえで、さらに5年ほど経過してから、ということになります。
なので、個人再生をして返却が終わったからと言ってすぐに申し込み審査で通るわけではなので、注意が必要です。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ