個人再生の不許可になったら※デメリットについて

個人再生の不許可になったら※デメリットについて

個人再生の不許可になったら※デメリットについて

個人再生は債務整理の手法の一つであり、借金の一部を免除してもらうことによって生活の再建を図るものとなっています。
この個人再生は自己破産とは違い、一部の例外を除いた財産を処分して返済に充てるという必要がなく、比較的消費者にとって負担の少ない債務整理方法とも言えます。
また個人再生の特徴の一つとなるのが「個人再生の場合は不許可になりにくい」ということです。
こうした債務整理の場合には、債務者の状況によってはその債務整理が認められないことがあります。
これは免責不許可事由と呼ばれるものですが、自己破産などの場合には浪費や賭博を原因として作った借金に関しては、減免が認められないのです。
そのため浪費や賭博によって債務を作ってしまったというような人が自己破産をしようとしても、それが認められることはありません。
しかし個人再生においては、こうした免責不許可事由は考慮されないことがほとんどです。
極端な話にはなりますが、借金の全てが賭博のために作られたものであっても、減免を認めてもらえる可能性があるのです。
とはいえ注意をしたいのが、状況によっては例外的に免責不許可の判断が下ることがあるということです。
これは「裁判所の裁量による免責」というものが関連しており、あまりにも免責を求める理由に不備があるというような状態になると、裁判所の判断によって、例外的に個人再生を認められないということがあるのです。
個人再生が不許可になるケースは稀ですが、そうしたリスクがあるということは事前に知っておきましょう。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ