個人再生の保証人とは?※弁護士の選び方のポイント

個人再生の保証人とは?※弁護士の選び方のポイント

個人再生の保証人とは?※弁護士の選び方のポイント

個人再生のスケジュールについては、債権の確定をし、債権者との話し合いで返済額の削減、また返済期間の延長を依頼し、返済額を確定したものから返済を初め、返済が終わるまで弁護士が管理するというスケジュールとなります。個人再生の場合個人で話し合いを持っても話がうまく折り合わない事が多いので弁護士などの力を使う必要があります。個人再生は自己破産とは違い、債権を無くすことはほぼできないと言われていますが、話し合いによって金利の再計算などは行えることが多いので最終支払額は減ることが多いようです。返済計画でもっとも重要なのが返済できる収入と期間です。仕事をしている場合にはその収入で支払える額と返済期間を計算されます。また、一人で返済をすることが基本ですが、保証人が必要となることも多く、家族の誰かが保証人となることが求められることも多いようです。個人再生が行われるまでのスケジュールではほとんどの場合弁護士サイドで処理が行われるので依頼人は普通の生活をしながら返済のための資金をためていくことになります。この時、住宅ローンについては維持されることがほとんどですが、家賃を滞納している場合には引っ越し等が必要となることもあるので注意が必要です。また、車については処分される場合も多いようですが、ケースバイケースのようです。返済計画では確実に返せる返済計画とすることが必要となるので財産のうち処分できるものは処分して返済に向けられることになります

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ