個人再生の期間について※徹底ガイド~破産宣言する~

個人再生の期間について※徹底ガイド~破産宣言する~

個人再生の期間について※徹底ガイド~破産宣言する~

個人再生は借金を完済するために弁護士の力を借りて返済期間の延長や金利の再設定を行うことです。民事再生や自己破産とは違い、公に名前が公開されることはないので今の生活を維持したまま借金を減らしていけるとして利用する方が増えてきています。しかし、弁護士を利用して行うことでもあるのでなんらかの生活への影響がないのかと心配される方お多いようです。結論から言えば個人再生後にはできなくなることが1つあるだけであとは何も変わりません。個人再生後に生活に影響が出るのは新規の借金ができないことです。通常、個人再生後、完済した後5年から10年は新規の借金には影響が出ます。殆どの場合は借り入れ審査が通りません。これは、個人再生などで返済期間の変更や金利の再設定が行われた情報は各金融機関や消費者金融で情報を共有されるからです。この情報は5年で消えることになっていますが、各企業ではその後も情報を保管することが多く、特に、個人再生に対象となった債権の会社はほぼ永遠に借りられないと考えておくことが重要です。ただし、ある程度期間が経てば対象となった会社以外とは契約することができると考えられていますが、審査では難しい判断が行われるので注意が必要です。個人再生は借金を棒引きすることではないので厳しすぎると思われるかもしれませんが、金利の再設定や返還期間の延長などは十分にローン会社には損害を与えているので致し方無いと考えられます

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ