個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談へ

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談へ

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談へ

個人再生の流れの第一段階として、依頼された弁護士や司法書士は、「受任通知書」を債権者に送ります。これにより債権者からは「申立人」、つまり個人再生を請求した本人に取り立て請求ができなくなります。依頼された弁護士は申し立ての書類を作成し、裁判所へ個人再生の申し立てを行います。裁判官が認めると、民事再生の開始を決定し、裁判所は「債権届出期間」と「一般異議申述期間」を定めます。
 流れの次の段階として、申し立てから一ヶ月以内に裁判所から選任された「個人再生委員」と今後の再生計画について話し合いをします。ここで債権額に異議がなければ裁判所によって債権額が決定されます。それから、今回の手続きをすることとなった理由を書いた報告書と、所有する全ての財産を一覧にした「財産目録」も提出します。
 ここからが大事なところで、具体的な返済の計画を書いた「再生計画案」を裁判所に提出します。ここで 「小規模個人再生手続き」の場合は、再生計画案に同意するか否かの決議が書面で行われ、半数以上の反対がなければ決議されます。「給与所得者等再生手続き」の場合は書面決議はなく、意見聴取が行われます。これに対して裁判所が認可の決定をすることで、ようやく手続きが完了し、計画書に従って返済を始めることになります。
 流れを重視したので多少細かい点は省いてありますが、それでもこれだけの段階を踏まなければなりません。手続きが終わるまでは大体半年くらいかかることは覚悟する必要があります。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ