個人再生について司法書士※破産宣告の最大のデメリットとは?

個人再生について司法書士※破産宣告の最大のデメリットとは?

個人再生について司法書士※破産宣告の最大のデメリットとは?

個人再生をしてから認可を受けるまでの期間は、申立人の状況によって異なります。
さらに個人再生の手続きをおこなう弁護士や司法書士によっても、期間は大きく違ってきます。
個人再生を申し立てると、借金の支払いは停止します。
そのため、返済に追われることがないので、ゆとりはできるでしょう。
しかし、借金が残っている状況は、素早く整理して早く楽になりたい物です。
素早く個人再生をして身軽になりたいなら、短期間で認可を受けられる弁護士や司法書士を探しましょう。
一般的に個人再生の認可を受けるに必要な期間は、6ヶ月以上とされています。
しかし、この6ヶ月以上という期間は、あくまでも一般的な物です。
3ヶ月ほどで認可を受けることができますし、9ヶ月や12ヶ月以上必要になる可能性もあります。
申立人の状況によって大きく異なりますから、これだけの差ができてしまうのです。
どれぐらいの期間で認可を受けられるか気になる人は、手続きを開始する前に弁護士や司法書士に相談をしましょう。
個人再生の認可を受けるまでの期間はこのようになっていますが、認可が決定してから確定までにはさらに時間が必要になります。
通常認可の決定から確定まで1ヶ月ほど必要になるので、認可が決定したからと言っても、それで終わりではありません。
また、個人再生は借金が減額されるだけでゼロになるわけではありませんから支払い義務も残り、認可が」確定をした翌月から弁済を開始します。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ