個人再生と失敗※ブラックリストや官報に載るって本当?

個人再生と失敗※ブラックリストや官報に載るって本当?

個人再生と失敗※ブラックリストや官報に載るって本当?

個人再生は、裁判所に申立てを行えば必ず許可が下りるという物ではありません。
提出された申立書や陳述書の記述など必要書類に目を通し、個人再生の要件を満たしているかどうかの判断をしたうえで、裁判所が許可をした場合にのみ適応されます。
では、この申し立てで失敗しないためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
ポイントは必要書類をしっかり揃えておくことと再生計画案を慎重に検討することです。その中でも特に重要なのは再生計画案となります。
必要書類はきちんと自分で確認していけば問題ありませんが、再生計画案は自分の考えだけで作成しても失敗してしまう可能性が高くなります。
そもそも再生計画案とは、出来るだけ多くの金額を回収したい債権者を納得させる必要があります。
そのため、自分にとってだけではなく債権者にとっても少なからずメリットがあると感じられるような案を提出しなければいけません。
もしも、自分にだけメリットがあるような案を提出しても、書面決議や意見聴取の際に反対されてしまい、個人再生は失敗となってしまいます。
このようなことを避けるためにも、出来れば代理人となる弁護士や司法書士のアドバイスを受けながら再生計画案を作成した方がよいでしょう。
専門家がついていれば、もしも、個人再生の許可が下りた後に、なんらかの事情で返済の遅延が起きてしまった場合でも、すぐに再生計画の変更を申し立てることも出来るので安心です。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ