個人再生の手続き・流れ※破産宣告をする徹底ガイド

個人再生の手続き・流れ※破産宣告をする徹底ガイド

個人再生の手続き・流れ※破産宣告をする徹底ガイド

個人再生は多額の負債を背負ってしまって、これからの生活に希望を見いだせなくなって人への救済処置です。自己破産と違って、債務が全てなくなる訳ではありません。借金の返済額を大きく減額してもらって、その借金の返済を時間をかけて返済出来るようにします。3年から5年かけて返済出来るようになるので、毎月家計に大きな負担をかけずに済みます。個人再生の手続きをする為に、まずは司法書士に依頼します。最初は必ず事務所に足を運んで、今後のスケジュールや個人再生のメリットとデメリットについて説明されます。正式に依頼後は、「受託通知及び債権調査へのご協力のお願い」が債権者に送付されます。この時点で債権者からの取立てが行われなくなります。そして、個人再生の手続きに必要な書類を揃えて司法書に手続きしてもらいます。個人再生の申し立てが行われてからの2~3ヶ月の間は、家計収支表を付けたり預金通帳に一定額の積み立てを行う必要があります。これらの資料は個人再生の認可を決める際の判断材料になるので、抜け目なく作成することが大切です。本当に個人再生が必要なのかということを、家計収支表から読み取られるので、無駄な買い物をしたり食費をかけすぎているなどのことに気を付けることが大切です。そして、再生計画案と家計収支表と通帳のコピーを裁判所に提出して手続きは完了です。認可されれば毎月の借金の返済額と返済開始日と振込口座が通達されます。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ