個人再生における養育費問題※債務整理の弁護士選び

個人再生における養育費問題※債務整理の弁護士選び

個人再生における養育費問題※債務整理の弁護士選び

養育費は、子供が成人するまでは支払う義務があります。離婚したときに養育費についての金額や支払う期間等について公正証書を作成している場合は、支払う側が正当な理由がないにも関わらず費用を滞納した場合は、給料の差し押さえなどの強制執行を行うことができます。一括で支払うこともできますが、通常は毎月の分割払いが主流です。金額は、支払う側の収入や子供の人数等によって個人差がありますが、全国平均でみると一人3万前後が相場になっています。支払う金額は、正当な理由があれば減額することもできます。減額する正当な理由としては、子供を養育している側が再婚して、その相手と子供が養子縁組をした場合や、支払う側が再婚して子供ができた場合などです。また、支払う側の失業などによる収入が減少した場合も認められます。また、逆に子供が大学進学などの特別な費用が必要になった場合は、増額を請求することができます。不景気によるリストラが増えたため、養育費の滞納や減額が増えてきています。特に、支払う側の借金返済による生活困窮がきっかけで、養育費の支払いが途絶えるケースも多いですが、自己破産や個人再生で借金を免除されても、養育費を支払う義務は残ります。そのため、支払う側は自己破産や個人再生を行ったことを理由に支払いをやめることは法的には認められていません。自己破産も個人再生も養育費は免責対象外に民法で決められているからです。そのため、受け取る側は支払いを請求することが可能です。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ