任意整理の自動車ローン!※任意整理デメリットとは?

任意整理の自動車ローン!※任意整理デメリットとは?

任意整理の自動車ローン!※任意整理デメリットとは?

貸金業者から様々なローンを組んで借り入れを行うことで、借金の金額が膨らんでしまって返済不能の状態になることがあります。
借金について返済不能の状態になったときには、法律による解決方法を使うことで解決することができます。
法律的に借金についての問題を解決する方法としては債務整理の手段を行うことが可能で、債務整理の中には任意整理の方法があります。
任意整理などの債務整理の方法を使って借金問題を解決したときには、信用情報機関において金融事故を起こした経験がある者として登録が行われます。
自動車ローンなどのローンを組む際には銀行やその他の金融業者と契約を行う必要がありますが、自動車ローンを組むためには審査を通過しなければなりません。
審査の段階では信用情報機関において問い合わせを行うことで、過去に任意整理を行った者であることを知ることが可能です。
ですので、一定の期間において審査を通過することが難しくなりますので、ローンを組めないものと考えておいたほうが良いでしょう。
信用情報機関における登録は任意整理後に永遠に残るものではなく、5年ほどで登録がなくなりますので、任意整理の手続きを行って借金を完済した後に5年から7年程度の期間が経過することで自動車ローンなどを新規に組むことが可能となります。
このようなデメリットはあるわけですが、貸金業者との交渉を行うことで返済可能な金額に借金の総額を減らすことができる手続きとなりますので、借金問題の苦しみから解放されると言えます。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ