任意整理費用について※破産宣言デメリットについてガイド

任意整理費用について※破産宣言デメリットについてガイド

任意整理費用について※破産宣言デメリットについてガイド

銀行のカードローンやクレジットのキャッシングなどで多額の借金を抱えてしまって、完済できる目途が立たないといった場合、任務整理を行うことで金銭的にも精神的にも負担は大きく軽減されることでしょう。
しかし、どのような債務整理であったとしても保証人が付いている場合の債務整理は少なからず保証人に迷惑をかけてしまうことになります。
債務者が債務整理を行った場合でも、債権者は保証人に借金の返済を請求できるためです。
保証人になってくれている人はたいていの場合、日ごろからお世話になっている方が多いのではないでしょうか。
そのような人に迷惑をかけてしまうのはできるだけ避けたいものです。
しかし債権者からの保証人への取り立ては、回避することが可能なのです。
任意整理ですと、債務者が請求する債権者を選択することが可能なので、連帯保証人のいる債務以外では、債務整理を行うことができるのです。
任意整理の場合、連帯保証人も債務者と一緒に代理依頼する委任状を書き、弁護士へ渡しておくと良いでしょう。
連名での任意整理の金額も、債務者だけで依頼した費用とほとんど変わりません。
本人が任意整理を依頼して得た内容通りにきちんと返済を行っていれば、債権者から請求を求められることはありません。
しかし特定調停や任意整理など、どのような債務整理であっても信用情報機関のブラックリストに登録されることは避けられませんので、事前に理解を得ていた方が良いでしょう。




弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ