任意整理について※保証人の立場・責任について無料相談

任意整理について※保証人の立場・責任について無料相談

任意整理について※保証人の立場・責任について無料相談

任意整理とは、全ての債務整理の手続きの中で最も利用されるもので、裁判所を通さず、司法書士が債権者と返済の方法や額について交渉し、支払いが可能になるような条件での合意を成立させるものです。債権者に受忍通知を出した時点で、一旦返済はストップします。借入業者が少ない、または多くても取引期間が長く、大幅な債務圧縮が見込める、収入がある程度安定している、個人再生は避けたい、過払い金の返還が見込めるなどの場合、任意整理が利用しやすいといえます。任意整理をすれば、将来の利息がカットされ、返済した分だけ借入残高が減ることになるほか、事案によっては、大幅に債務残高が減り、時には余ることもあります。デメリットとしては、いくらかは債務が残ることが多く、かつ信用に傷がつく、裁判所決定のような強制力はないため、話がまとまらない場合は、他の手を探さなければならないなどがあります。任意整理後は、新たに借り入れができないため、収入の中から返していくしかなく、家計収支の見直しは非常に重要となります。しかし、任意整理に限らず、特定調停、自己破産、個人再生を選択した場合、保証人の保証債務はなくならないため、保証人に請求がいくことになります。たとえ、債務者本人の債務がなくなったとしても、特約などを結ばない限り、保証人に支払う義務が生じます。債務整理を行なう場合、保証人にも事前に伝え、保証人も支払えないということになれば、保証人も債務整理をする必要があるかもしれません。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ