任意整理完済後※個人再生する前に知っておくべきこと

任意整理完済後※個人再生する前に知っておくべきこと

任意整理完済後※個人再生する前に知っておくべきこと

債権者と債務者がたがいに交渉を重ねることによって債務条件を見直す任意整理は、債務整理の中でも特に債務者にとっての負担が少ないものであるとして知られています。
その他の債務整理のように債務自体が大きく減免されるというようなことはあまりありませんが、自己破産などのように財産を失うという心配も殆どなく、比較的気軽に行えることとなっているのです。
それでは任意整理を完了させ、完済後にはどのような扱いになるのでしょうか。
まず基本的に任意整理の完済後は、債務を返済する必要がなくなるわけですから、生活は大きく楽になるでしょう。
ただし完済後の生活で注意をしたいのが「任意整理を行ったという情報は一定期間、信用情報に記録される」ということです。
信用情報にはそれぞれの消費者のこれまでの金融機関などからの借入・返済の情報が記録されています。
この信用情報は、消費者金融や銀行などから消費者に対して融資が行われる際、必ず確認がされるようになっています。
加えて任意整理の情報は金融事故と呼ばれるものであり、債務者としての信用を著しく損なうものになっています。
信用が著しく低いわけですから、情報が記録されている限りは一般的な消費者金融や銀行などからお金を借り入れることは出来なくなってしまうと考えるべきでしょう。
この金融事故については一般的に5年間記録されるようになっていますから、完済後、5年間はお金を借りることができないと考えるべきでしょう。
任意整理の完済後の生活にはこうした違いが出ることは確かですが、そのほかにはとくに影響はないのが一般的です。
任意整理をしたのであれば、まずはしっかり完済できるように努力しましょう。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ