債務整理の連帯保証人とは?※信頼のおける弁護士事務所

債務整理の連帯保証人とは?※信頼のおける弁護士事務所

債務整理の連帯保証人とは?※信頼のおける弁護士事務所

自己破産をすると、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことができなくなると言われています。では、自己破産してしまうと、今後住宅ローンを全く組むことができなくなるのかというとそうではなく、一定期間経過することで組めるようになります。
自己破産を行った場合、個人信用情報機関にその情報が登録されます。個人信用情報機関は3つあり、機関によってこの情報の保存期間が異なり、7年、または10年になっています。住宅ローンを組む場合、この登録情報を確認するため、この情報が残っていると利用することができません。しかし、保存期間が経過して情報が消えてしまえば、過去に自己破産を起こしたことが確認できなくなるため、住宅ローンを組むことができます。
保存期間に差異がありますが、7年待てば良いのか、10年待てば良いのかについては実際に申し込んでみなければわかりません。金融機関によって複数の個人信用情報機関の情報を参照することもあり、その中の1つにでも情報が残っていると利用できません。したがって、最長である10年間待つのが確実です。
この登録情報は個人信用情報機関に要求することで確認することができます。住宅ローンを利用したい場合には、まずこの情報が消えているか確認するようにします。
なお、自己破産の際に登録されるのは破産者本人だけです。配偶者やその他の同居家族の情報には破産情報は登録されません。そのため、破産者以外の名義であれば10年経たなくても住宅ローンを組むことができます。しかし、連帯保証人に破産者を入れるなど、ローンに破産者を関連させてしまうと情報を調べられ、断られる可能性が高くなるので注意します。

弁護士事務所を選ぶポイント

借金解決ステップ

シミュレーション
まずは、あなたにとって最適な借金解決方法をさがしましょう!
匿名・完全無料でシミュレーションができます。

⇒無料シミュレーターはこちらから
弁護士に相談
借金問題解決のプロである弁護士に相談してみましょう。
弁護士事務所の選び方
  • 専門分野・得意分野である弁護士事務所を選ぶ
  • 総合費用と支払い方法を提示してくれる
  • 無料相談ができる
信頼のおける弁護士事務所まとめ

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ